Member メンバー



デュ社 代表
向 雲太郎 Kumotaro Mukai


photo by Masami Mori

- 兵庫県出身 -
1994年大駱駝艦に入団、舞踏家・麿赤兒に師事。
’95年伊藤キム“Dead and Alive”初演参加、’99年より戌井昭人率いる鉄割アルバトロスケットに参加。
’01年より振付・演出作品の発表を開始。これまでに18作品を発表、国内8ヶ所のほか、海外5カ国11ヶ所で作品を上演。
’03年NY・舞踏フェスティバル招聘。'06年韓国・第9回ソウル国際ダンスフェスティバル招聘。'11年スペイン・バルセロナ舞踏フェスティバル招聘。第26回マドリード国際ダンスフェスティバル招聘。第37回舞踊批評家協会賞・新人賞受賞。'12年大駱駝艦を退団独立、ソロ活動を開始。’14年『ふたつの太陽』にて“デュ社”を旗揚げ。

2013年4月~2016年3月公益財団法人セゾン文化財団 シニアフェローシップ
2005年4月『The Jar Odyssey Ⅲ』振付・演出 於:大駱駝艦・壺中天
2006年4月『舞踏虎ノ穴』振付・演出 於:大駱駝艦・壺中天
2006年4月第37回舞踊批評家協会賞・新人賞受賞『2001年壺中の旅』
2006年10月韓国・第9回ソウル国際ダンスフェスティバル招聘『2001年壺中の旅』
2007年5月『をどろベイビー!』振付・演出 於:吉祥寺シアター
2008年12月共同制作ソロ作品『MANNA』振付・演出 於:ミシガン州立大学
2009年9月『遊機体』振付・演出 於:大駱駝艦・壺中天
2011年5月『底抜けマンダラ』振付・演出 於:大駱駝艦・壺中天
2011年9月舞踏レクチャーパフォーマンス『生一本』作・振付・演出 於:兵庫県川西市
2011年9月スペイン・バルセロナ舞踏フェスティバル招聘『2001年壺中の旅』
2011年10月第26回マドリード国際ダンスフェスティバル招聘『2001年壺中の旅』
2011年2月共同制作『耳なし芳一』振付・演出 於:New York, Boston
2011年7月大駱駝艦退団、ソロ活動開始
2011年12月ソロ公演『アホとロマンの皮袋』振付・演出 於:中野テルプシコール
2013年4月~2016年3月セゾン文化財団シニアフェローシップ助成開始
2013年4月共同制作ソロ作品『泉下の泉』振付・演出 於:キッド・アイラック・ホール
2013年6月『ワークインプログレス』振付・演出 於:森下スタジオ
2013年12月ソロ公演『舞踏?』振付・演出 於:スペースエッジ
2014年5月『遊機体』振付・演出 於:森下スタジオ
2014年6月メキシコ・サルティージョ国際芸術フェスティバル招聘
2014年6月モレーリア国際コンテンポラリーダンスフェスティバル招聘
2014年10月セルバンティーノ国際芸術祭招聘
2014年12月デュ社旗揚げ公演『ふたつの太陽』 於:吉祥寺シアター
2015年8月デュ社第二回公演『春の祭典』 於:d-倉庫
2015年10月ワークインプログレス『Butoh in progress』 於:BankART studio NYK
2016年2月ソロ公演『舞踏?プレゼンテーション・ショウ』 於:BankART studio NYK
2016年4月第1回南アメリカ舞踏フェスティバル招聘 於:メキシコシティー
2016年12月デュ社第三回公演『ぴちがい裁判』 於:こまばアゴラ劇場 於:京都アトリエ劇研

舞踏家集団デュ社
The Butoh Tribe ‘Deux Shrine’
2014年12月旗揚げ公演『ふたつの太陽』 於:吉祥寺シアター
メキシコ・サルティージョ国際芸術フェスティバル招聘
モレーリア国際コンテンポラリーダンスフェスティバル招聘
セルバンティーノ国際芸術祭招聘
2015年8月第二回公演『春の祭典』 於:d–倉庫
2016年4月南米舞踏フェスティバル招聘 於:メキシコ
2016年12月第三回公演『ぴちがい裁判』 於:こまばアゴラ劇場 於:京都アトリエ劇研


大駱駝艦の基本理念である「この世に生まれ入ったことこそ大いなる才能とする」という思想を踏まえつつ、舞踏とは何か?新しい舞台表現とはどういうものか?と問いながら、面白いということにこだわり作品を創り続けている。その特徴は、舞踏にあるまじき軽妙さ、映画的センスを活かした展開、人間の心の闇に迫り、人間は根源的に自由なのだと体現する、師から受け継いだ何でもありの破天荒な演出、そして世界観にある。



デュ社 副代表
湯山 大一郎 Daiichiro Yuyama

湯山写真
photo by peter van Heesen

- 京都府出身 -
2003年大駱駝艦入団。以降大駱駝艦全本公演に出演。
アトリエ公演である壺中天公演には新作20作品以上に出演する。
高校3年時にアメリカ、オハイオ州に1年間のアメフト留学。
その時の経験を活かし入団以来「無尽塾」「白馬合宿」をはじめとする2003年以降の大駱駝艦ワークショップの全てで通訳を担当。
’11年、宮本亜門演出「金閣寺」神奈川芸術劇場(通称:KAAT)初演から〜'14年までの全ての再演に出演。
2012年4月大駱駝艦・壺中天公演「大正解」演出・振付・主演 於:壺中天
唐十郎脚本・演出、唐組金沢公演「海星」出演
2015年9月ジェームス・マディソン大学(JMU)での共同作品 [Memory of the Land]
於:“Exile”:Stauton, VA, U.S. 出演・演出・振付
2015年10月LEIMEY Ludusとの作品創作企画 [Gappies]
於:Cave, Brooklyn, NY, U.S. 出演・演出・振付
2016年8月山下昇平個展「主菜は英雄のお肉」イベント:「みちづれの夜」 演出・主演
2017年11月山下昇平個展「雨と舟」オープニングイベント:「水面の声」出演
2018年3月大駱駝艦退団、舞踏集団家デュ社入団
ダンサー・即興パフォーマー
Haru

Haru写真
photo by igaki photo studio

- 東京都出身 -
ドイツのデュッセルドルフで幼少期を過ごす。その後は東京、千葉、神奈川にて過ごす。現在はアイルランドにて活動中。日本体育大学健康学科卒業。在学中にコンテンポラリーダンス、即興ダンスを学ぶ。卒業後に保健体育教諭、ダンス部顧問として中学高校に勤め、退職後フリーのダンサーとして活動を始める。

今までに伊藤直子(マドモアゼル・シネマ)、小野寺修二(カンパニーデラシネラ)、隅地茉歩(セレノグラフィカ)、高野美和子、坂田有妃子、橘ちあ、早川朋子、関かおり等の作品に参加。

自身のダンスグループPuPil作品『犬も歩けば星をみる。』
ソロ作品『かご』『Dreamsleeper』『paintbrush』
『狼と小鳥の夜』「Play」を発表。


昨今は即興で踊ることをこよなく愛し、劇場にとどまらず、様々な場所で踊っている。 アダムベンジャミンとの即興パフォーマンス公演@前橋市芸術文化れんが蔵 アーティスト土居大記との一時間×12回公演、即興パフォーマンス『静電』@黄金町『Salt』@黄金町@台北

その他に美術家、前川加奈とのコラボレーション作品『paint brush』などワークショップ『みんなダンサー!初めてのコンテンポラリーダンス』を開催し、コンテンポラリーダンスの普及活動も行なっている。 又セラピストとしてアロマオイルトリートメントやテアテなどの施術もおこなっている。